平成最後のクリスマス会です。厨房スタッフが料理の粋を尽くしておもてなしをしました。
フランス料理のフルコースでエネルギーは853kcalです。エネルギーを押さえるための工夫は、油・バターの使用量、素材の部位、食材の重量など細やかに対応しました。前菜のクラーグブランは鳥取県で水揚げされた親カニでだしを取り、更にあさりの旨味を生かしてコクを出して仕上げました。スープは旬の蕪をベースに玉ねぎ・じゃが芋を使用してとろみをつけました。鯛のポワレは色彩・食材の配置にこだわりました。牛フィレのロティーはデトロイト・セルバチコ・ピーテンドリル・ダンデリオンなどの野菜を花束風にあしらいました。デザートのブラウニは何度も試作を繰り返し、甘味・苦みのバランスが絶品の一品になりました。